人生羈旅

是でも非でも無く、遊び尽くすと人生は楽しい。

奥秩父の奇岩の山「瑞牆山」

こんにちは。

 

オリンピックが終わり、緊急事態宣言が更に拡大されています。

コロナ禍が始まって2回目の夏も大幅に行動が制限される事になり、

皆さんもフラストレーションが溜まっていると思います。

 

ただ今年のお盆は全国的に悪天候で、何かをやるには

天候に恵まれませんでしたが、自分もほぼ外出できずに

家で本を読んでばかりの日々でした。

ここの所ではワクチンの接種が少しづつ進んできているので、

今後は欧米のように感染者数よりも重症者数が指標になって

行き、行動の制限は緩やか解除されていくのではないかと思います。

いづれにせよ、先は見えてきているので後は時間だけです。

 

という事で、今年の夏はどこへも行けなかったので、

しばらくは過去に行ったコロナ禍が収束したらおすすめのスポットなどを

紹介していきたいと思います。

 

今回は日本百名山であり、奥秩父の最も西寄りに位置する

花崗岩の岩峰がそそり立つ奇岩の山。

瑞牆山

を紹介したいと思います。

 

瑞牆山金峰山との縦走がおすすめですが、

今回はみずがき山自然公園駐車場から不動滝経由で山頂。

富士見平小屋を経由して下山の約6時間のルートです。

 

f:id:atsnmt:20210829221959j:plain

不動滝を擁する不動沢沿いの黒森コースで山頂を目指します。

 

f:id:atsnmt:20210829222206j:plain

所々にある奇岩を眺めながら沢に沿って歩いていくと不動滝にたどり着きます。

 

 

f:id:atsnmt:20210829222341j:plain

登山口までにちょっとしたトラブルがあり、不動滝についた頃には

既に午後2時、、、

日がある間に下山できるように、ここからスピードを上げていきます。

*スピードを上げたせいで写真が全然取れていないことに後で気づきました。

 

そのため一気に山頂です。

f:id:atsnmt:20210829222752j:plain

到着した時には、ほぼ雲に囲まれていたのですが、

雲が切れたタイミングで大パノラマの片鱗は味わうことができました。

 

f:id:atsnmt:20210829222926j:plain

 

f:id:atsnmt:20210829222948j:plain

大分時間を短縮できました。

が、山小屋泊でなく日帰りなのでゆっくりせずに下山を開始します。

 

f:id:atsnmt:20210829223207j:plain

f:id:atsnmt:20210829223246j:plain

f:id:atsnmt:20210829223302j:plain

途中で山頂方向を振り返る。

f:id:atsnmt:20210829223432j:plain

富士見小屋から山頂を目指すとこの風景に向かっていくことになります。

今回の逆ルートもおすすめ。

 

少し足元が暗くなった所で下山。

標高差はありますが、車でアクセスもしやすく

行きやすい割には絶景を楽しめる良い山でした。

 

11月以降は冬山のステップアップにも使われるので

状況が良ければ今年もチャンス有り。

アイゼンは必須です。